テクニカルデータ

KSLとGSLシステムには、クラブや劇場から大規模スタジアムやフェスティバル会場まで、すべての要求にしっかりと応えることができるすべての特性がしっかりと備えられています。SL-Seriesは一人の澄み切った歌声、アコースティック、オーケストラ、そしてたっぷりとした低域が求められるダンスミュージックやヘビーメタルまで、上演内容を問わず、すべてのサウンドをしっかりと再生できるヘッドルームと性能を有する頼もしいシステムです。どんな会場でも、どんなスタイルのイベントでも、屋内屋外を問わず、可搬式として、常設装置として確実なパフォーマンスを約束するこのシリーズ。投資設備としても確実なリターンを期待することができます。

SL-Seriesについて知る。

プロダクトマネージャー Werner “Vier” Bayerと音響R&D 代表Matthias Christnerが、スピーカーの構造、音響的な目標、適用した技術の発展やその実現を可能にしたテクノロジー、そして”完全な” SL Seriesパッケージについて説明するビデオをご覧ください。

「GSLラウドスピーカー」。

広範囲におよぶサウンドリインフォースメントシステムを構成できるラインアレイラウドスピーカー、GSL8とGSL12。

もっと読む

「KSLラウドスピーカー」。

中大規模の会場のためのラインアレイラウドスピーカー、KSL8とKSL12。

もっと読む

サブウーファー。

SL-SUBとSL-GSUBはSL-Seriesのカーディオイドサブウーファーです。

 

もっと読む

完全なパッケージ。

リギング、配線、運搬性の全てが相まって、SL-Seriesパッケージを完全なものにします。

 

もっと読む