ツアー&コンサート

GSLシステムが大阪城ホールを圧倒。

スターテックとアーティドゥーク・オーディオは、客席数9000席の大阪城ホールでのナオト・インティライミのコンサートに向けて、ホール全体を明瞭かつ均等にカバーできるオーディオシステムを求めていました。 

「コンパクト、高出力、これは素晴らしいスピーカーだなと思って。そこがまずd&bさんとのスピーカーとの出会いで。Yoshihiro Takado、Star Tech サウンドエンジニア
1/4
2/4
3/4
4/4

既にGSLの指向性制御の能力を経験していたチームは、d&bの“アリーナ市場向けシステムの最高峰”GSLシステムを採用することに決定しました。チームのメンバーは、後方へのキャンセリングが、いかに会場での反響抑制に効果を発揮するか、また、d&bのシステムが、いかにサウンドエンジニアの要求にマッチしているか、などについて語ります。

このサイトをシェア